走ること

 ランニングを始めたのは単純に太ったからだった。高3の私は受験シーズンでものは食べてないにしても運動してないから人生で最も太った時期を迎えてしまっていた。体脂肪率25%を見た瞬間に「体の4分の1が脂肪…!!!!!」って絶句したのは今でも覚えてる。

 太ったから痩せたいっていうのもあったけれどやっぱり1番はお米ちゃんかもしれない。受験シーズンに1つ年下のクソデブは浮気をしてたんだけど、それが彼の同級生だった。自信がない私は何をしたら勝てるかというのを考えて「年上だからお姉さんっぽくなりたいかな。」という結論を出した。高校生と卒業した私の違いを逆手に取ってやろうって。

 でも途中で匙投げちゃって走るのもやめたりした。いくら痩せたとて頻繁に会えるわけでもなかったし。別れたときは3ヶ月くらい全く運動しなくなってた。

 そんな生活でふと思った。同じ県内に住んでる限りどこかでばったりすることもあるのではないかと。そう考えると( ˘ω˘).oO(…やばいやばいやばい、少しでもアップグレードしてないと負けた気になる!!!!)ってなってジムに行き始めてはや3年5ヶ月になった。

 つきまといおっさんがいたり、おじいちゃんおばあちゃんからお菓子いただいたりと利用者さんからは可愛がってもらえてる。つきまといおじさんは許さん。走ることへのモチベーションも上げてもらえるし本当にありがたい。私がしてることは自己満足に過ぎないんだろうと思ってしんどい時期もあったけどこれからも続けるんだろうなぁと思う。