嫌いなもの

 嫌いなものはそんなになくて「好き」と「そうでもない」で何に対しても感覚が構成されてた私だけど、この数年間の間で嫌いなものがたくさんになった。

 1つ目がカメラ。どうしてもあれを向けられると顔が強張ってしまう。仲がいい人がいればいいんだけど、そうでない時の顔は見れたもんじゃない。

 2つ目は雑貨屋の腕時計。似たりよったりのデザインで周りの人たちが腕につけてる。特に見やすいというわけでもなく無難なデザインの腕時計。好きになれない。

 3つ目は嫌いなものを増やし過ぎた自分。この嫌いなものってのは自分で増やしてしまったんだと思う。嫌いなものを嫌うのには理由があるけどその理由ですらこじつけな気がする。明確な理由は1つしかないんだけどその理由がワガママ過ぎて嫌になる。