後日談

 頑張る人に最後のご褒美をくれる玉竜旗だと聞いていたけれど、これを裏付ける出来事もあった。

 私が引退してから部活をサボりがちになってしまった元恋人は一度いかなくなるとどんどん行きにくくなってしまい、最終的にはほぼ部活には不参加になってしまった。この時期には私と付き合っていたけれど浮気もしていて、浮気相手と遊びまわっていたんだよね。彼は最後まで頑張れず玉竜旗に出ることすらできなかった。ざまぁみやがれと思いつつ少し可哀想な気持ちにもなった。自分が感じた達成感を味あわせたかった。でもまぁ、それも本人が選んだことなので。ただ、一人の後輩がこんな終わり方をしたってことはずっと忘れられないかもしれない。

 

この時期に思い出すこと

 7月24日。毎年この時期に思い出すことがある。福岡県のローカルニュースに度々登場する玉竜旗。もうあれから5年も経ってるのかと思うと妙に感慨深いし歳を取ったような気分になる。

 小学生の頃から剣道をしていたけれど私は性格のせいもあっていつまでもへっぽこだった。全然勝てないの。稽古では褒められるところ多かったのに実戦になると上手くいかない。先生方からの何度も「お前の試合は日頃の姿見てるから余計に歯痒い。」と言われた。

 玉竜旗というのは福岡県で毎年開催される剣道の大会だ。この大会は一応西日本からの参加者が多いけれど年々参加校が増えていて今は全国区から多くの高校生が参加している。そんな大会に毎年出ていたけれど勝てない試合ほど楽しくなくて高3最後の試合前もやる気が出ず、稽古も雑になっていった。

 そんな時期にとても尊敬している先生から「この玉竜旗はね、頑張ってる子に最後にご褒美をくれる大会なんだよ。お前も最後までやんなさい。」と言われた。大好きで尊敬してる先生からそんなこと言われたらやるしかねーじゃんとなるくらいに単純な私は相手を殺す気で稽古に打ち込んだ。

 結果は団体では負けたけれど私だけ相手から一本を取るというある意味一人勝ちだった。人生最後の試合はちゃっかりと勝って、剣道を辞めてしまった。勝ち逃げっぽい。

 激励会だとかいう後輩をダシにして当時の部活の仲間と会うような行事には卒業以来参加していない。相変わらず私の母校は校風のせいもあってなのかあまり強くない。私みたく卑屈になる子もいるだろうなぁ。「最後にはご褒美もらえる試合だから頑張ってね。」と言いたいけれど後輩たちに圧をかけるような人間にはなりたくない。でも心の中で君たちを応援してるような人もいるんだよと呟きたくなった。

 

【おまけ】探検くんについて

 私のツイートに出てくる探検くんについてたぶん知らない人のほうが多いんじゃないだろうか。暇だし探検くんのことを紹介しとこうと思う。

【探検くんとは】

①高校生のときは世界史で満点をとる秀才だった。

②同じ剣道部で知り合ってかれこれ7年目。

彼女いない歴=年齢。私とのお出かけはデートとしてノーカンらしい。

④大学時代は探検サークルに所属していた。

 ※ゆえに「ごめん、無人島行ってた」「洞窟だから返信遅れた。」「その日はサバイバル」というLINEがよくきてた。

⑤秀才だけど無職。

⑥音楽の趣味はかぶるところがある。

⑦月に2回は会ってる気がする。

⑧猫好き。小夏に赤ちゃん言葉で話しかけてて爆笑した。

⑨頻尿。遊園地では1アトラクションごとにトイレに行ってた。

⑩元恋人とれむの関係を知ってるから私のことを心配してくれる。なおかつ私が元恋人を心配してるのも知ってるから私が行き届かないところでさりげなく助けてくれてるらしい。

 

友達から「探検くんと付き合えばいいのに〜」とか言われるけどお互いに対象として見たことないからそーゆーのないかなって思う。いい友達だしこれからもよろしくねの気持ち。

 私の今の髪。これは何という長さだろう。鎖骨の少し下くらいまである。この長さは割と便利でポニーテールもできるし内巻きにすれば下ろしててもショートっぽくなる。我ながら今の長さは結構気に入っていたはずなんだけど。

 伸びた髪に嫌気が差した。これといった心当たりがない…というわけではない。元はロングだったし、それをボブにしたのがここ数年で起きた大きな変化だった。ロングをボブにしたのって私にとっては一大決心だった。「さよなら元恋人の呪縛」って気持ちだったから。それを伸ばし始めたのはボブに飽きたのと元恋人と再会してしまったらからだ。どうしても可愛いって言ってほしかったし手に入れるためなら外見を変えることも簡単だと思った。

 そんな気持ちで伸ばした髪が嫌になった。確かに自分の気持ちで伸ばしてたんだけど疲れちゃった。疲れたのは髪の手入れなのか。それとも元恋人への気持ちなのか。自分でもわからないけど切ってさっぱりしてこようかな。

元恋人と会ったレポ

 おい、お前。会うのやめたんじゃなかったのか!!!はい、やめてたはずなんですがね。れむです。

 1週間前に酔った勢いもあり元恋人に連絡を取りました。ずっと我慢してたんですけどね。私が連絡したくなるときは①なにかしら自信がついた、②寂しくなったの2択なんですが今回は①でした。就職先での研修もなんやかんや楽しく過ごし、今のところこの仕事を選んで良かったと思うことのほうが多いんですよね。それもあってか妙に元恋人と話したくなってしまいました。久しぶりに通話して「え?4月1日に?行っていいの?」って会話になり、1日〜2日で私は元恋人の家に遊びに行ってきました。

 

レポ

①ダイエットではないけれど夜ご飯は食べてない。最近食事がめんどくさい。

②No.9展には行きたいけれど遠いから少し気が引ける

③前期も後期も講義にまみれる

④就職活動でばたばたしてる。

⑤服のサイズはXLだけどそれを着てても腰が見えてしまう。本人曰くそーゆー仕様。

⑥肌が荒れてる。化粧水をれむから勧められたが買ってもたぶんつけない。

⑦冷蔵庫にはヨーグルトと烏龍茶くらいしかない。IH?の調理器具はあるものの最近使った形跡はない。調味料入れがたくさん並んでいるけれど空だった。

 わりと心配が尽きない感じでした。不健康かよ。部屋は綺麗というか物がなさすぎて散らからないという感じでしょうか…。テレビを見てお風呂に入って寝る部屋という印象でした。

 まぁ、言いたいことはたくさんありますが話したいこともたくさん話せたし今回は楽しかったですね。ポニーテールは好評でした。「この伸びかけでリボンつけてるのが似合ってるし可愛い」とのこと。そうだよ、れむは可愛いんだよバーーカという気持ちでしたね。楽しかったからだけど文章がいつも以上にまとまらない。しばらくはこんな感じのツイートが続きます。

 

写真

 みなさんは写真をTwitterにアップロードしますか?お久しぶりの更新、れむです。

 これを読んでくれてる人たちは私のフォロワーさんなのでたぶん写真をツイートしてると思います。目の前の景色、ご飯、生き物、洋服…ときには自撮りを載せることもありますよね。どの写真も載せた人を想像する要素になってます。また、その写真たちを載せるのは何かしらの目的があるのではないでしょうか。「この写真載せるとどんなリアクションが来るだろう」「ふぁぼがほしい」「認められたい、ほめられたい」「擁護してほしい」などなどの願望があるのかもしれませんね。私は猫の写真を載せることが多いですがあれは「家の猫かわいいでしょ?」って気持ちです。

 自分の携帯電話のフォルダに入れたままにせずにアップロードするのだから他人に見せたいという気持ちがきっとあります。私は他人がどんな写真の載せてても別に構わないけれど1つだけ嫌なものがあります。それは私が写ってる写真です。

 想像してみてください。自分が全く知らない人たちに自分の写真が見られるんです。相手のことは見えない、でも相手から私は見える。気持ち悪くないですか?外を歩いて他人とすれ違うのとは違います。相手のことなんて私には見えません。見ている人たちにとってはそんなに何も思わないかもしれません。自分の友人をメインとしてみて、隣の私は添え物程度でしょう。

 また、もう1つのパターンが考えられます。私が敢えて避けている共通の知人がアップロードした人と相互だった場合です。これが1番嫌かもしれません。敢えて避けているということは私はその人に存在感すら与えたくないんです。視界に入れたくも入りたくもないというレベルです。そんな人たちに勝手に写真を見せられるのって実はかなり不快じゃないですか?

 私自身が嫌いな人たちの画像を保存してクソコラ造ったりするからそんな歪んだ発想になるのかもしれないけれど、嫌なものは嫌です。でも、載せる人たちに言ってもわかってもらえないし載せるのはやめてもらえない。ここまでくるとその人とも疎遠になったほうがいいんじゃないだろうか…と昨日思いました。

 

威力がすごいよ

 「2月に新年会しますから先輩もぜひ!!!」という話は聞いていて(それは新年会というの?)と思ってたのが1月の話。とうとう来ましたよ、高校部活飲み会のお誘いが。

 この飲み会、たとえ死んでも行きたくないし行ったとしたら帰りに死ぬレベル。なぜならメンバーは元恋人を含むかなり倫理観がクソな部活の友達だからだ。同学年のチャラい男子部長、世話焼きだけど空回りばかりして自分のことを「女の子」と呼ぶ22歳女子部長、地蔵のような顔をしてるけど裏では下半身男子の後輩…そこにまともなのは探検を趣味とする友人と女々しいけど優しい後輩男子、自称メンヘラだという煙たい系女子後輩くらいだ。

 LINE1つで寒気がして激しい動悸に見舞われた私です。私が連絡取りたいのもめちゃくちゃ会いたいのも我慢してる元恋人の帰ってくる日程がわかってしまったことだ。どうしてくれんだよ連絡係。お前のせいでストレスの根源が大きくなったじゃねーか。しかもなんで年度末に飲み会だよ。暇なのは学生だけだろ。こちとら春から本格的に働き出すんだよ。

 人生最後の春休みは会いたい人に会う大切な時間を取ることに専念したい。だから全く気持ちが進まないこの飲み会はきっぱり断る。会いたい人に会う時間だけど元恋人には会っちゃダメだからこれからしばらく我慢の日々が続くんだろうね。威力半端ない。餌だけ大きくなっちゃったよ。あー…。