ヨリを戻す

 復縁を表す言葉は世の中にたくさんあって「ヨリを戻す」が直近で聞いた言葉だ。私はこのヨリを戻すという言葉がどうも嫌いらしい。「切れていた縁が再び繋がること」をヨリを戻すだとか元のサヤに収まると表現することは週刊誌でも定着してるし私達の身の周りでも転がっていたりする。

 切れていた縁を再び繋げるを脳内でイメージすると私は切れた糸同士を結びつけて繋げてるようなものが浮かぶ。それは果たして元通りなんだろうか。綺麗な1本の糸ではなく結び目がある糸になったとき、その縁は本当に綺麗なのかな。

 人間の関係は一度崩れると元通りになんてならない。その崩れた関係の上に新しい関係を積み上げていくのだと思う。崩れたことはなかったことになんてできないんだよ。接着剤でくっつけたお茶碗だって接着剤ついてるから元通りじゃないんだ。人間関係だったらそこに月日まで加わる。月日の情報量はとてつもなくて、過ぎ去っていった日々の一秒一秒に感情が宿ってるんだもの。

 元恋人から「ヨリを戻せないかな」と言われた。私は断った。元通りなんてないんだよ。彼が彼女と別れてないとかそんなことさておきだ。だってそれでも手に入れる自信と負けない気持ちがあったから。付き合うことになったら絶対にモノにできるという確信があった。やっとのことで言わせた復縁に向かう言葉なのに私は即答で「ごめん、できない」と言っていた。おかしいな、好きだったはずなのに。

 気持ちというのはどうしようもなくて彼を嫌いになることはできなかった。じゃあ好きなの?ときかれると「好きだった」がベストアンサー。彼に対する気持ちはどうやら動けなくなったらしい。嫌いにはなれないし好きにもなれない。つまり終わってたんだと思う。崩れた私達の関係は「彼は恋人と別れていないが復縁したい。しかし、私が彼のことを好きにも嫌いにもなれない。」で完結したのかもしれない。あーあ、本当に大好きだったのに。完結した人間関係には上乗せもできない。元通りも何もあったもんじゃない。重ねてきた気持ちを元通りにするなんて今まで重ねてきた私の気持ちを軽く見ないでちょうだい!って思った。続編なんて作り出せないや。元恋人は元恋人のまんまで終わります。だから幸せになってなんて思わないけど生活はこれからも交わらないよ。本当に大好きだった。

借りること

 貸すのも少しいいかもと思ってきたけれどそれにはもう一つ理由がある。貸してもらうことが嬉しいと感じるようになったからだ。

 私は自分がほしいと思ったものだけを自分で手に入れることが一番楽しいんじゃないかと思ってた。でも親しい人が「これ自分も好きなんだけど君が好きそうだと思って。」と言いながらお勧めの本やCDを貸してくれたときすごく嬉しかった。私のことを考えてその本やCDを好きそうだと思ってくれてるのは私のことをよくわかってくれてるからだろうし、親しい人が好きなものを貸してくれたってのも嬉しくなる。その人を構成する一部を借りたような気持ち。相手はそこまで思ってないだろうけれど。

 お互いに自分を構成してる一部を貸し借りすると距離が縮まったような気分になる。少なくとも私は親しい人にしかそんなことしないけど。ただ最近、お互いに貸し借りをし過ぎて好みが似てきてしまったのは困りものかもしれない。「えっ、そのCD私も買ったわ。」「それ言ってくれれば俺の貸せたのに。」が多発してる。でも全部を知り尽くしてるわけではないからまだまだ貸し借りしていこうねって話で纏まった。

 

貸すこと

 物を貸すことが少し苦手だ。みなさんはどうだろうか。「貸して!」と言われたり「貸そうか?」と言ったりした経験はあるんじゃないかな。これは誰にでも言えることじゃないし誰から言われてもいいことではないと思う。少なくとも私はだけど。

 私は持ってる本やCDを宝物だと思ってる。なぜなら他にこだわって集めてるものや趣味がこれといってないからだ。数少ない私の娯楽が読書と音楽でこの2つは自分で買ったもの以外は同じものでもあまり価値を感じない。私が買ったということに価値があるから。厄介というかわかりにくいというか、偏屈なのかもしれない。

 だからそこまで気を許してない人から「CD貸して!」だとか「その本今度貸してよ!」って言われると「ん、今度ね~」と言って二度と見せない。体の一部と同じくらい大切だからそう簡単に渡せない。一度仲がいい人に米津玄師のアルバムを貸したことがあるけれどケースをボロボロにして返されて度肝を抜かれた。お前、ジャニオタのくせにCDの価値や扱いもわかんねーの?って言いたくなった。

 相手にもよるけれど貸すことも悪くないのかなと最近思う。自分の好きなものを他人が好きになったりすると少し嬉しいから。それでも人を選ぶだろうけど。逆に私が物を貸せる人は私にとってかなり大切で信用してる人なんだろうなぁと本棚とCDの山を見て思った。

謝罪について

 悪いことをしたら謝る。これは小さい頃から教えられていることでほとんどの人たちが学校でも教えられてるんじゃないだろうか。しかし、私は謝られるのが苦手だ。

 謝るのは悪いことした側でそれを許すのは悪いことされた側だ。「ごめんなさい」の一言でされたことを水に流すなんて私にはできない。許さなかったら「あぁ、あの人はその程度だよ。謝ったのに。」と文句を言われるのが目に浮かぶ。そして許さなかったとしてもいつまでも怒り続けるなんてエネルギーは省エネモードで生きてる私にはない。それほどまでの怒りを感じたことがないだけかもしれないけれど。

 相手の気持ちなんてわからない。本当に心から悪かったと思っていてそれを言葉に表すと「ごめん」なのかもしれない。場を収めるための言葉かもしれない。それでも謝らないよりはマシなのだろう。でも謝られたら許す選択肢しかなくてどこにも気持ちをぶつけることができず、風化するのを待つこともできずその場でブツンと怒りや悲しみに蓋をされる。謝るなら怒る余地や悲しむ余地、泣く余地をくれ。許す側が損ばかりするのはフェアじゃない気がする。謝った人はきっとスッキリしているだろうけれど。私はまだ4年前のことを引きずってるし去年謝られたのもときどき思い出してやり場のない気持ちが湧いてくる。怒りなのか悲しみなのかわからない。虚無感がふわふわと出てきては頭の中を占拠してしまう。いいなぁ、謝れた元恋人は。

 

後日談

 頑張る人に最後のご褒美をくれる玉竜旗だと聞いていたけれど、これを裏付ける出来事もあった。

 私が引退してから部活をサボりがちになってしまった元恋人は一度いかなくなるとどんどん行きにくくなってしまい、最終的にはほぼ部活には不参加になってしまった。この時期には私と付き合っていたけれど浮気もしていて、浮気相手と遊びまわっていたんだよね。彼は最後まで頑張れず玉竜旗に出ることすらできなかった。ざまぁみやがれと思いつつ少し可哀想な気持ちにもなった。自分が感じた達成感を味あわせたかった。でもまぁ、それも本人が選んだことなので。ただ、一人の後輩がこんな終わり方をしたってことはずっと忘れられないかもしれない。

 

この時期に思い出すこと

 7月24日。毎年この時期に思い出すことがある。福岡県のローカルニュースに度々登場する玉竜旗。もうあれから5年も経ってるのかと思うと妙に感慨深いし歳を取ったような気分になる。

 小学生の頃から剣道をしていたけれど私は性格のせいもあっていつまでもへっぽこだった。全然勝てないの。稽古では褒められるところ多かったのに実戦になると上手くいかない。先生方からの何度も「お前の試合は日頃の姿見てるから余計に歯痒い。」と言われた。

 玉竜旗というのは福岡県で毎年開催される剣道の大会だ。この大会は一応西日本からの参加者が多いけれど年々参加校が増えていて今は全国区から多くの高校生が参加している。そんな大会に毎年出ていたけれど勝てない試合ほど楽しくなくて高3最後の試合前もやる気が出ず、稽古も雑になっていった。

 そんな時期にとても尊敬している先生から「この玉竜旗はね、頑張ってる子に最後にご褒美をくれる大会なんだよ。お前も最後までやんなさい。」と言われた。大好きで尊敬してる先生からそんなこと言われたらやるしかねーじゃんとなるくらいに単純な私は相手を殺す気で稽古に打ち込んだ。

 結果は団体では負けたけれど私だけ相手から一本を取るというある意味一人勝ちだった。人生最後の試合はちゃっかりと勝って、剣道を辞めてしまった。勝ち逃げっぽい。

 激励会だとかいう後輩をダシにして当時の部活の仲間と会うような行事には卒業以来参加していない。相変わらず私の母校は校風のせいもあってなのかあまり強くない。私みたく卑屈になる子もいるだろうなぁ。「最後にはご褒美もらえる試合だから頑張ってね。」と言いたいけれど後輩たちに圧をかけるような人間にはなりたくない。でも心の中で君たちを応援してるような人もいるんだよと呟きたくなった。

 

【おまけ】探検くんについて

 私のツイートに出てくる探検くんについてたぶん知らない人のほうが多いんじゃないだろうか。暇だし探検くんのことを紹介しとこうと思う。

【探検くんとは】

①高校生のときは世界史で満点をとる秀才だった。

②同じ剣道部で知り合ってかれこれ7年目。

彼女いない歴=年齢。私とのお出かけはデートとしてノーカンらしい。

④大学時代は探検サークルに所属していた。

 ※ゆえに「ごめん、無人島行ってた」「洞窟だから返信遅れた。」「その日はサバイバル」というLINEがよくきてた。

⑤秀才だけど無職。

⑥音楽の趣味はかぶるところがある。

⑦月に2回は会ってる気がする。

⑧猫好き。小夏に赤ちゃん言葉で話しかけてて爆笑した。

⑨頻尿。遊園地では1アトラクションごとにトイレに行ってた。

⑩元恋人とれむの関係を知ってるから私のことを心配してくれる。なおかつ私が元恋人を心配してるのも知ってるから私が行き届かないところでさりげなく助けてくれてるらしい。

 

友達から「探検くんと付き合えばいいのに〜」とか言われるけどお互いに対象として見たことないからそーゆーのないかなって思う。いい友達だしこれからもよろしくねの気持ち。